MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

投資スキルを高める方法 其の弐 「自己売買記録で、初心者脱出大作戦」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/08/05 10:00

 相場という世界は、億円を掴むチャンスのある華やかな世界ですが、億円を実力で掴むためには地道な努力、泥くさい努力が必要です。その泥臭い努力の第一歩は「自己売買記録をつける」ことです。バーチャル・トレードと実際のトレードで売買記録をつけ、まずは自己のトレードの癖を把握しましょう。(バックナンバーはこちら)

投資とは、難しいものであり、恐ろしいものであると分かったら実践へ

 前回、投資・投機を始める前に、すでに投資・投機を始めているのであれば、なおさら難しい投資本を大量に読みましょうというお話をしました。

 投資理論が理解できなくても、投資には理論があり、小手先の必勝法などあり得ないということだけでも理解できれば、安直な相場に対する見方を捨てる意味でも、難しい投資書籍を読むことに意義はあるからです。投資とは、難しいものであり、恐ろしいものであるという認識を持っていただけたら、次のステップは、実践です。
 ここで大切なことは、投資理論が多少分かったところで、勝てるという妙な自信・確信を持ってはいけないということです。

プロでも負けることがあるのが相場の世界。個人投資家が何百冊の投資書籍を読んでも、読んだことと分かったこと、分かったことと理解できること、理解できることとそれを相場で実践できることには天と地ほどの開きがあります。

 まずはシミュレーション(バーチャル・トレード)から初めてみましょう。

シミュレーションの意義

 シミュレーション(バーチャル・トレード)とは、実際に売買するのではなく、株価(指数)が上昇すると思ったところで、買った(ロング)と仮定し、株価(指数)が下落すると思ったところで、売った(ショート)と仮定し、その後の損益を確認する作業です。

 当然ながら、仮定による売買ですので、勝っても負けても、実際に自己資産に損益は出ません。「そんなの面白くない!」と考える個人投資家の方は多いですが、資産を減らす確率が皆無で、相場での経験が増えるのですから、こんなに素晴らしいものはないと割り切って、少なくとも100回、できれば数百回のバーチャル・トレードをしてみましょう。

 その際に大切なのは、ただ勝った・負けたと一回ごとに一喜一憂するのではなく、勝って自信をつけるのではなく、負けてガッカリすることでもありません。そのバーチャル・トレードの際の、詳細なデータ、売買の根拠を自分なりに書きとめておくことが大切なのです。

 例えば、日経225先物を13410で買った(ロングエントリー)の時の売買記録(メモ書き)のサンプルを以下、ご参考までに。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Heyward(ヘイワード)

    本業絶不調のため、やむなく相場で食っている一個人投資家。
    「勝たなくてもいい・負けなければ。負けても負けの金額を限定すること!」をテーゼに先物相場で日々奮闘中。
    楽観的・魅力的な先物相場の見方は証券会社にお任せして、私からは先物の恐ろしさ、個人投資家が陥りやすい相場に潜む罠、相場に起こる事象の見方・解釈、相場に挑む際の心の持ちよう等々を、個人投資家ならではの、しがらみのない立場で、皆様にお伝えできればと思います。
    日々の相場概観、ザラ場リアルタイム情報はブログ「株と先物の勉強会」にて更新中。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5