MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

【最終回】それでもまだFXを始めていない人へ これだけ読めばわかる3つの重要ポイント

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/08/29 09:00

いよいよ最終回! この連載を読んでFXを始めたという声もあれば、関心はあるのにまだ挑戦できていないという人も多いようです。そんな人のために、14回の連載の中でも、最重要ポイントをもう一度復習します。【バックナンバーはこちら】

まだFX始めてませんか?

 早いもので、春からこの連載をはじめてついに最終回を迎え、季節は秋に近づきました。この連載の依頼を編集部からいただいたときに、「半年間、この連載を読めば、FXを始められるように書いてください」といわれました。連載を読んでデビューした人もいれば、まだまだFXについて、「怖い」とか「損する、危ない」というイメージを抱き、挑戦できていない人もいるようです。

 FXはリスクをきちんと管理するだけで、驚くほど安全・安定的に運用できる素晴らしい金融商品です。もちろん、金融商品なので、ある程度のリスクはつきものですが。より多くの人に体験してもらえるよう、最終回では本当に重要なポイントを3つにしぼり、総集編としてお送りします。

FX三大ポイント① 証拠金

 証券会社、FX業者で口座を開設して、最初に預けるお金のことです。証拠金を入金しないと、実際に取引できません。つまり、取引するための資格のようなもの。金額の目安は、口座を開設した業者にもよりますが、一般的に10万円から始められるところが多いようです。

 私個人の意見では、最低100万円を証拠金として預けることをお勧めします。初心者には、大きい金額に感じられるでしょうが、後で紹介する「レバレッジ」とも大きくかかわってくるからです(証拠金については、第3回に詳しく書いています。読み返してみてください)。

FX三大ポイント② スワップ

 二国間の政策金利差のことをいいます。たとえば、アメリカの政策金利が2%、日本の政策金利が0.5%だとすると、スワップは1.5%(2%-0.5%)です。スワップが2.5%ということは、ロングポジションを持ってるだけで、毎日アメリカの中央銀行から、1.5%分のお金がもらえるということです。

 具体的な金額を当てはめて、計算してみましょう。1ドル=100円のとき、1万USドルをロングしていた場合の1日のスワップポイントは、1万USドル×1.5%(アメリカと日本の金利差)×100円(1ドル=100円)÷365日 ≒41円です。1ヵ月にすると、1,230円を自動的にもらえるわけです。このスワップにより、低金利の国の通貨を売って、高金利の通貨を買うとそれだけで、毎日お金がふえふえしていきます


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 岩崎 かおる(イワサキ カオル)

    ファイナンシャルプランナー。ベンチャーIT企業をリストラされた元OL。今の時代、こつこつ貯金だけでは、お金を殖やせないと思い立ち投資の世界へ、お金に関する知識ゼロから出発。米株・韓国株・投資信託・FXと広く分散投資中。投資歴わずか1年で資産2倍を達成した。投資スタイルは「中・長期投資」のファンダメンタル重視派。2007年11月に「がっちり儲けるFX」にて寄稿している。
    またこれからの日本人には、お金に関する知識が必要だと考え、ファイナンシャルインテリジェンスを日本中に広めるため、セミナーも開催している。「岩崎かおるのふえふえ投資日記」は毎日更新している。2008年7月に株式会社スカイミントを設立。まったく新しいアフィリエイトサービス「ペタペタ」を運営中。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5