MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

FX「スプレッド0銭」のカラクリ
社員の半分がSEの業界の風雲児を突撃取材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/02 09:00

 今年7月からスプレッド0銭(ドル/円など)に踏み切ったクリック証券。いったいどうやって収益を得ているのだろうか。社員の半分がSEという同社の知られざる実態に迫った。

スプレッド0銭のカラクリ

 FXが個人投資家の間に開放されて10年の時がたった。いまや、株式投資と肩を並べるほどの人気だ。FXサービスを取り扱う会社も増え、先物取引会社系、独立系、証券会社系と、群雄割拠の様相を呈し、各社がサービス競争にしのぎを削っている。

 2008年に入り、さらに激化したのは取引コストの引き下げ競争ではないだろうか。一般的に投資家がFX会社を選ぶ際に注目するのは、売買手数料、スプレッド(通貨の買値と売値の差額)、スワップポイントといった取引コストについてだ。システムの使い勝手や高機能ツールも大事だが、日々のコストはもっとも気になるところ。よって、より安く、条件のいい会社には、おのずと注目が集まる。

 そういったニーズに各社も敏感に反応。いまでは、多くの会社が取引手数料無料を実現し、最近ではスプレッドの改定も相次いでいる。

 そのような状況下、今年7月から、スプレッド0銭(ドル/円など)に踏み切ったのが、これまでもローコスト路線でアドバンテージのあった、クリック証券(東京都渋谷区)だ。

「この夏は株式市場が低迷していたので、株からFXに乗り換える投資家の方も多かったようですが、おかげさまで8月の取引高は過去最高。それまでの月間取引量から倍以上に増えました。口座開設の伸びも堅調です。スプレッド0銭が大きく貢献しました」と話すのは、クリック証券の外国為替部長、畠山一教氏だ。クリック証券においては、低価格戦略は見事、追い風になっているようだ。

クリック証券の畠山一教氏

「スプレッドが0銭ということは、取引レートから1銭レートが動くだけで為替差益が取れます。
短期の小幅な値動きでも利益が狙えるので、デイトレーダーをはじめとする、短期取引が活発になりました。トレーダーの皆さんも小まめに利益確定するので、反対に大損するケースも減ったようです」
(畠山氏、以下同)

 どうやら、スプレッド0銭戦略は、クリック証券と投資家の両者に恩恵をもたらしているようだ。しかしながら不思議なのは、なぜこのようなサービスが可能だということ。率直に疑問をぶつけてみたところ、次のような答えが返ってきた。

「単純に言うと企業努力なんですが(笑)。それはさておき弊社の場合、カバー先の金融機関が3行あり、それぞれから条件のいいレートを採用することで、買値と売値が同額、つまりスプレッド0銭を実現しています。取引量などに応じて、多少スプレッドが広がることはありますが、なるべく狭いスプレッドを安定して提供するようにしています」

 スプレッド0銭をいったいどのような仕組みで実現しているのか、畠山氏の説明をさらに噛み砕いてみよう。


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • 大正谷 成晴(オショウダニ シゲハル)

    1973年生まれ。投資をこよなく愛するフリーランスの作家・ライター・エディター。2001年よりビジネス誌を中心に活動を開始。得意分野はFXで、裁量トレードからシストレまで幅広く実践し、自らの資産運用に力を入れている。趣味はサイクリング、料理、そして投資。

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5