MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

相場における資金管理、ロットコントロールを身につける~その1

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/15 09:00

 人間には欲があり、相場は時として不可解な動きを見せます。そんな相場の世界では、資金管理、ロットコントロールは非常に難しいものになります。しかし、これができるかできないかが、投資初心者を脱せるか、投資生活を継続し自己の資産を増やせるかの分かれ目です。(バックナンバーはこちら)

相場で、どのようにリスク管理を行うかを考えてみよう

 資金管理、ロットコントロール、モダンポートフォリオ理論・・・など、「どのようにリスク管理を行うか」「リスクとリターンをどのように考えるか」ということは、非常に大切なことです。負けない投資、継続的な相場における利益を追求するためには、これらは必要な知識であり、スキルですが、ほとんどの個人投資家は、その難解さから実践できていない、したくてもできないというのが現実ではないでしょうか。

 相場における資金管理、ロットコントロールと聞くと、身構えてしまう、自分には無理だと諦めてしまう方が多いようです。または、自分では資金管理、ロットコントロールができていると思っている人でも、株価が異常と思える急騰・急落を演じた時に、急騰時に売れず、急落時に資金が足りず買えずという人は、実は、できていない人とも言えます。

「それができれば苦労しないよ!」「そんな難しいことできないよ!」「それをしなくちゃいけないのは分かるけど、具体的にどうすればいいのかが分からない!」という方、将来的には、これらの知識もスキルも身に付けなければなりませんが、まずは誰でもわかる、できることから始めてみましょう。

資金管理、ロットコントロールの初歩の初歩

 では、どうすれば、相場における資金管理、ロットコントロールを身につけられるのでしょう? まずは初歩の初歩の考え方をご紹介してみます。

 最初に資金管理、ロットコントロールの定義を噛み砕いて見てみましょう。

 投資活動(相場)における資金コントロールとは、実生活に例えれば、日々の生活資金、将来の生活資金を確保することに似ています。

 そう考えると、日常の生活で、月々のお給料の範囲内でしっかりと生活し、将来の生活設計を持ち貯金し、無駄な余計な買い物をしない人は、投資活動においても資金管理、ロットコントロールが上手そうだなということが、お分かりかと思います。

 逆に言えば、浪費癖があり、お給料以上の生活をしてサラ金からお金を借りていて、貯金がゼロという方は、資金管理、ロットコントロールが下手そうだなということが分かると思います。(キツイ言い方になり申し訳ないのですが、そういった方は、下手どころか投資に向かない、投資をする資格すらないと私は思います。)

相場での売買時に確認不足の個人投資家

 投資(投機)初心者の方の多くに、相場における売買時に、すでに持っているポジション、自身の売買余力、今後の投資資金の変化の想定を怠るという傾向があります。

 投資(投機)初心者に、買った理由を尋ねると、「日経平均が下がって割安に見えたから買った」、「高値から30%下落して割安だと思ったから買った」、「アナリストが買い推奨していたから買った」と少なからぬ方が答えます。

 本当にそのような理由で投資するべきなのでしょうか。投資に不慣れな方でもわかりやすいように説明したいと思います。


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Heyward(ヘイワード)

    本業絶不調のため、やむなく相場で食っている一個人投資家。
    「勝たなくてもいい・負けなければ。負けても負けの金額を限定すること!」をテーゼに先物相場で日々奮闘中。
    楽観的・魅力的な先物相場の見方は証券会社にお任せして、私からは先物の恐ろしさ、個人投資家が陥りやすい相場に潜む罠、相場に起こる事象の見方・解釈、相場に挑む際の心の持ちよう等々を、個人投資家ならではの、しがらみのない立場で、皆様にお伝えできればと思います。
    日々の相場概観、ザラ場リアルタイム情報はブログ「株と先物の勉強会」にて更新中。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5