MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

【推奨銘柄】トップストラテジストの提言
「世界的金融再編の最中に狙う銘柄とは」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/06 13:00

 全マネー誌のアナリストを対象にした、推奨銘柄パフォーマンスでの年間成績が06年No.1、07年No.2と常に高パフォーマンスが評価されているエース証券のストラテジスト河合達憲氏が、スイング(1~2週間)、中期(1~3ヶ月)と期間別に分けて推奨銘柄をピックアップ! この情報を絶対に見逃せすな!(バックナンバーはこちら)

 投資する上で銘柄選びと同様、いやそれ以上に重要となるのが投資戦略だ。まずは下記銘柄をのぞく前にこちらの投資戦略で、現在のマーケットを考えたい。



短期で狙うならこの株だ!
スイング投資向け推奨銘柄(賞味期限 1~2週間)

銘柄 コメント
NTT
(東証1部 9432)
巨大企業を解散価値以下で仕込む…(続きを読む
三菱UFJフィナンシャル・グループ
(東証1部 8306)
モルガンスタンレーへの出資は「吉」と…(続きを読む


中期でおすすめの株はこれ!
中期投資向け推奨銘柄(賞味期限 1~3ヶ月)

銘柄 コメント
テルモ
(東証1部 4543)
中期上昇トレンド持続中! 高シェア企業の強みは絶大だ…(続きを読む

 ★投資をする前に、河合流「投資の心得」を読むべし★

 投資をする前にこちらをお読みください → 河合流「投資の心得」

※本連載に掲載の株価チャートはマネックス証券より提供を受けています

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 河合 達憲(カワイ タツノリ)

    カブドットコム証券 投資情報室 マーケット・ストラテジスト。マクロの視点からチャートまで幅広い視野を持つ。個別銘柄に関しても情報通として知られている。全マネー誌のアナリストを対象に『宝島』が調査した結果、推奨銘柄パフォーマンスでの年間成績が06年No.1、07年はNo.2と常に高パフォーマンスが評価されている。近著「日本のトップ企業が消える日」(角川SSC新書)も好評。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5